相続放棄の落とし穴

弁護士法人心が選ばれる理由

相続放棄の流れ

作成者:代表 弁護士 西尾有司

最終更新日:2022年01月07日

1 相続放棄とは

 相続放棄とは、相続人が被相続人の財産を相続したくない場合、その財産(遺産)を放棄することを言います。

 ここでいう財産(遺産)には、プラスの財産もマイナスの財産も含まれます。

 相続放棄をすると、はじめから相続人にならなかったものとされます。

 

2 相続放棄には手続きが必要

 相続放棄するためには、単に、相続人間の話し合いの中で、「私は相続しません」と言うだけでは足りません。

 家庭裁判所に相続放棄の申述(申立)を行い、受理されることが必要となります。

 

3 意思決定・財産調査

 相続放棄は、上記のとおり、プラスの財産もマイナスの財産もいずれも相続しないことになります。

 マイナスの財産(借金など)がないと思って相続したにもかかわらず、あとからマイナスの財産が出てきた場合、場合によっては例外的に相続放棄することができるかもしれませんが、基本的には相続放棄することができず、マイナスの財産を背負うことになります。

 また、逆に、マイナスの財産の方が多いと考え、相続放棄したにもかかわらず、後々、マイナスの財産がほとんどなかった場合でも、相続放棄を取り消すことができません。

 このように、相続放棄をするか否かは大切な意思決定となりますので、被相続人の財産をしっかりと調査してから、相続放棄するか否か決するのが大切です。

 

4 裁判所に必要書類を提出

 相続放棄をすると決めた場合、戸籍謄本などの必要書類を裁判所に提出します。

 提出する裁判所は、被相続人の最後の住所地を管轄する裁判所となります。

 例えば、相続人が愛知県名古屋市に在住であっても、被相続人の最後の住所地が三重県津市であれば、津家庭裁判所に書類を提出することになります。

 必要書類を提出後、裁判所によっては、照会書を申立人(相続人)に送付してくる場合があります。

 その照会書に、相続放棄する意思に間違いはないと返答をすると、申述受理通知書が裁判所から届きます。

 この申述受理をもって、裁判所での手続きは完了となります。

 

5 提出期限にご注意を

 相続放棄は上記のとおり、必要書類等を家庭裁判所に提出すれば、基本的には受理されます。

 ただし、相続放棄の期限内に提出することが必要ですので、期限を徒過しないように注意が必要です。

 相続放棄は、自分が相続したことを知った時から3か月以内に手続きを行うことが必要となります。

 もし、財産調査等に時間がかかり、3か月の期間が徒過しそうな場合は、期限の伸長を事前にしておくことが必要です。

所在地

〒514-0009
三重県津市
羽所町345
津駅前第一ビル5F
(三重弁護士会所属)

0120-41-2403

お問合せ・アクセス・地図

相続放棄をお考えの方はご覧ください

人が亡くなったときには,その人の財産だけでなく,負債が残る場合もあります。
財産よりも負債の方が大きいというような場合には,相続放棄をおこない,権利を放棄することが考えられます。
また,兄弟など他の相続人に財産を譲りたいというような場合にも,相続放棄をおこなう場合があります。
相続放棄をおこなうためには,期限内に手続きをおこない,裁判所に受理してもらう必要があります。
単に兄弟や親戚等に「相続を放棄します」と宣言するだけでは足りませんので,ご注意ください。
当サイトでは,津にお住まいの方に向けて,相続放棄の注意点など,相続放棄に関するさまざまな情報を掲載しております。
相続放棄を期限内にしっかりとおこない,トラブルが生じないようにするためにも,当サイトをご覧いただくことともに,相続放棄を得意とする弁護士にご相談いただくことをおすすめいたします。
当法人では,相続放棄など相続の手続きを得意とする弁護士がご相談に対応しております。
現在の状況をしっかりと把握したうえでスムーズに相続放棄が受理されるようサポートさせていただきますので,まずはご相談ください。
また,相続放棄するかどうかを迷っている方の場合も,一度ご相談ください。
相続放棄の手続きはやり直しができませんので,しっかりと現状を把握したうえでおこなう必要があります。
必要に応じて裁判所に検討機関の延長を申し込むこともできますので,もう少し検討したい,確認したいなど,延長が必要な方はお申し付けください。
相続放棄に関する相談料は原則として無料となっておりますので,お気軽に弁護士までご相談いただけます。
当法人の事務所は津駅から徒歩0.5分の立地にあり,事務所にてご相談いただく際にも電車でお越しいただくことができますので,とても便利です。
津やその周辺にお住まいで相続放棄をお考えの方は,まずは弁護士法人心までご連絡ください。

お役立ちリンク

PageTop